こころの窓辺(2)

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖地とは言うものの・・

<<   作成日時 : 2017/07/24 12:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

弘法大師「空海」が、今なお、即身仏として、生き続けておられるという、高野山奥之院の御廟(ごびょう)
ここは、撮影禁止、飲食は、もとより、私語も禁止
かぶっている帽子さえも、とらなきゃいけないという領域で、さほどに、信心こころは、持たない私でも、多少なりとも、気持ちも、ひきしまり、

さらなる燈籠堂地下の、お大師様に一番近づける場所で、
大師ゆかりのお数珠などに、じかに触れたおりには、
「これで、弘法大師と、ご縁が結べました」と、
説明のガイドさんの巧みな言葉に・・ちょっぴり、おごそかな気分になったりしましたが・・

著名な、戦国大名たちの(分骨された)お墓から、
数々の企業墓、韓国の人たちの墓・・はたまた動物の供養塔
そして、皇室のお墓から、名もなき人々のお墓と
多種多様、しかも、宗派は問わないという高野山の数えきれないお墓の数は、二十万基とも、三十万基とも、

企業墓などが、独特なスタイルで、並ぶ光景は、雑然ともしていて・・
聖地とも呼べるべく、そんなものは、どこにも存在しないかの、一種独特な、雰囲気の奥の院でした

数えきれない御霊(みたま)の眠りつづける、この奥の院、
古く・・戦国大名のお墓が、ここへ終結したのは、
お大師様への信仰ということもあるのでしょうが、それよりも、奥之院側の思惑もあったようにも感じます

今や巨大観光地と化したかな、そこには、連日のように観光客がおしかけ(そう言う、私もその一人

信仰という、崇高なものは、はるか遠くへと霞んで・・
数百年の時を経た、杉の木立だけが、聖地としての、威厳を誇っているかに感じられました

この奥の院へのツアーは、宿坊に泊まり、精進料理を食べ、座禅を組むなんてものもあるのですが、その宿坊に、一泊でもすれば、また、違った感想をもてたのかもわかりませんね

画像


画像


画像

金剛峯寺(弘法大使空海、建立の金剛峯寺は、2017年で1200年)



昨日、7月23日は、和歌山県の高野山へのツアーに参加してきました
休日ということもあって、人、人、人の高野山
ただ、標高1000メーターということで、気温も、24度と、若干涼しく、歩いても苦になりませんでした

奥の院までの参道の、脇に、雑然と並ぶ、おびただしい、お墓の数々は、カメラに納めていません
お土産に買ってきた[生のごま豆腐]が美味しかったです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私は一度も高野山へ登ったことがないんです。
南海高野線で簡単に行けると、知り合いの方が言っていました。
その方は年に二回は行くそうです。
何かに迷った時とかにも行く、とも言っていました。

撮影禁止と言っても、ポスターなんかで紹介されてますよね(笑)
でも、神の領域なんでしょうね?
jun
2017/07/24 17:02
♪junさん

ポスターとかなら、いいってことなんじゃないかしら
以前、NHKでも、特別な許可を得てと、天皇陵の中を撮ったのをやってました
検索してみたら、御廟の手前の御廟橋までの画像は多かったですが・・内部の、そんなになかったですね
私たちツアーのメンバーは、ガイドさんから言われて皆、カメラしまいましたし、帽子も脱いでましたよ、それはやはり、信仰心みたいなものだったのかも、・・
私は、御廟内の本堂、その他で、お賽銭ももちろん入れましたが、売られていた線香も、そなえて、その昔、両親などが、回ったお四国参りのお大師様への供養としました
junさん、大阪からだと、近いので、また行ってみてくさだい、平日がいいと思います
シロアリ塚とか、ユニークな企業墓が多かったので、被写体として悪くはないかもです
美々
2017/07/24 18:44
愛媛では金剛杖に菅笠白衣をまとったお遍路さんをよく見かけます。私も将来仕事が一区切りついたら八十八ヶ所を巡って最後は高野山へ結願の報告に行けたら…などと思っています。
2年前から42番札所の仏木寺へ時々足を運んで読経してます。白衣のお遍路に混じって私は普段着でたどたどしい読経なので、こんなので良いのかな…と思いながら。
様々な思いを抱いて巡礼している方々がいる中で八十八ヶ所も高野山同様に観光地と化するのは少し複雑ですね。

仏木寺周辺の道路添いは秋になると一面コスモス街道になって
とても癒される場所ですよ。
setoka
2017/07/24 19:38
♪setokaさん

札所のお寺では、お遍路で歩かれる方々が、読経されたりなんてことがあるんですね
そこへ行かれて、読経されてるなんて、setokaさん、すごいし、いいことだと思います
今、お遍路歩きされる方多いですものね
関西のほうからも、ツアーでよくいかれてるみたいですが・・やはり、ご自分の足で歩いて回るのが、いいと思います・・四国にお住まいなのだから、ぜひ、回ってみてください・・そして、高野山へ結願報告に来てうださい
今は、全国各地、お四国参りをされてますが、その昔は、四国に住む人が、お遍路で歩くってことが、多かったんではないかしら
私の実家には、父母、祖父母などの、その時の杖が残されてましたよ
今みたいな道路事情でもなく、お接待なんてことも、そうそうはなかった時代だと思います。。そこを、お寺で泊めてもらったり・・時には、民家でと、苦労しながらの道中だったのではないかしら・・それでも、だからこその、修行だったような・・
美々
2017/07/25 08:53
高野山に観光旅行ですか。
高野山奥之院の御廟は、
撮影禁止、飲食は、私語も禁止とは、
厳しい規制が敷かれているのですね。
空海さんの魂が漂っているのかな。
美々さん身を清められたので、
思わぬご利益を授かるかも?
カメさん
2017/07/25 13:34
♪カメさん

御廟は規制が敷かれてるわけではないんですが・・これについては、長い間受け継がれてきた暗黙の了解みたいなことで、皆さんカメラとかは、守られている方が多いみたいです
私語は、ガイドさん自体喋ってますから。。今は、皆さん、お話しながら歩いてます
御廟へいく手前の橋のあたりで、それについての注意書きとかは、何度か出てきます
外人さんも多いので、英語などでも書かれていますよ
思わぬご利益、あるといいんですが
美々
2017/07/25 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
聖地とは言うものの・・ こころの窓辺(2)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる