こころの窓辺(2)

アクセスカウンタ

zoom RSS いかなごが、高値すぎて (o´д`o)

<<   作成日時 : 2017/03/21 15:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


今年も、明石海峡の春の風物詩、”イカナゴ”の季節が巡ってきました
ですが、今年は、大の不漁とかで、すごく高値なんです

それに、今年は、水揚げ量が少ないからなのか、
店(スーパー)で、売ってない日も多く・・・、

ここまで、獲れなくなってきているのは、なんでも、温暖化のせいだとかで、しかたのない話では、あるんですが・・・

画像


10日ほど前の、イカナゴ漁解禁の、ニュースの時は、キロ、4000円くらいの値がついていて、ため息ものだったのですが、
今日は、それよか若干安くなっていて
それでも、消費税込みでキロ、3542円とは、ぶったまげますし、お財布だって、悲鳴です

”神戸の春はくぎ煮からといわれるほどに、
明石海峡で獲れたイカナゴ(しんこ)を
甘辛く、炊きこんで保存食にするのは、
この辺りでは、どの家庭でも、当たりまえのことで、

数年前までは、自分ちの分だけではなく
遠くに住む、親戚縁者の方に送られるとかで、
何十キロも炊いてる人も多っかったんですが、
さすがに、ここまでの高騰では、人様の分までは・・ってところでしょう
だし、漁獲量も、そんなに多くはないです

この私も、平成2年に、ここへ越してきてからは、毎年欠かさず(何キロも)炊いてきました
引っ越してきた当初は、値段も、キロ、400〜500円くらいなもんだったんです
それが、漁獲量の関係なのか、だんだんに値上がりして・・
今年は、3000円以上だなんて、ホント、異常すぎます

そんなことで、今年は、たったの1キロだけ炊きました
いつもは、一度(大きな鍋)に、2キロは炊いていたので、
こんなことは初めてなんですが・・
それでも、この値段では、「しかたなかんべ」です

画像


画像

隠し味に、水あめ系の飴を入れてるので、お店で売ってるようにパリッと仕上がってます

画像


美味しそうに炊けているでしょう
暖かいご飯に、のっけると、これが、最高、食が進むんです
でも、1キロぽっちじゃ、保存食にもなりませんが

久々のパンを焼きました

画像

長いこと、しまい込んで、その存在すら忘れていた「ホームベーカリー」を思い出して、久々のパン作りをしてみました
といっても、材料を入れてスイッチオンするだけ・・

画像

こちらは、イカナゴと違って、せっせと作ったのは最初だけ・・

画像

今回は、水の代わりに牛乳を入れましたので、
いい香りで、やわらかくって、美味しかったです
(干しブドウも入れてます)


これからは、ちょこちょこ使って、
せっかくのベーカリーさんにも、
日の目を浴びさせてやろうと思ってます

ただ、置き場所には、困るんです・・




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

いかなごが、高値すぎて (o´д`o) こころの窓辺(2)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる